*

ストップ高しやすい低位株

通常、株価が20%から30%上がると利益確定の売り場があります。

上昇基調のチャートでは価格調整の局面となります。

売り物をこなして、需給を改善させ、次の上昇エネルギーを溜めるのです。

心理的には下がるかもしれないタイミングかもしれませんが、株式投資とは大衆の逆のことをやらなければ儲かるのは難しいのです。

スクリーンショット 2016-05-01 0.05.09

株価が2倍、3倍になる銘柄はまだしも、需給があまり良くない株は調整局面が天井となることもあります。

ローソク足の上ヒゲが出ていてもその後ストップ高をつけるパターンも多いので投資判断は要注意です。

今上がっていてもその時点からさらに高値をつけるのか、天井なのかを判断することは難しいです。

スクリーンショット 2016-05-01 0.05.44

そこで押し目で一度に買うのではなくて、投資資金を小分けにして買い下がるのが良い投資法です。

そうすれば下値不安が少なくなり、もっと安い株価で買えるかもしれないという期待が持てます。

こういった買い下がりをしていれば利益確定のチャンスが多くなり、利幅も大きくなります。

上がっている途中で買い急ぎをすると大損することが多々あります。

株投資で失敗する人の多くは、これはもう一度ストップ高をつけるに違いないと考えてしまい、ストップ安に巻き込まれてしまいます。

投資資金が300万円以上であれば、10%の利益が出た時点で半分は利益確定しておきたいところです。

そうすれば持ち株が買値を下回っても、収益が上げられます。

株投資をするからには、日頃から経済ニュースをチェックしておかなければなりません。

これは日経平均株価が7060円から急浮上したときの話ですが、りそな銀行に公的資金が投入されると報道されると、低位株が産業再生の恩恵を受けるのではないかとの思惑からストップ高が相次ぎました。

また、天候不順も売買チャンスになります。

冷夏ではおでんやうどん、缶コーヒーが売れました。

しかし暖冬ではエアコンの売り上げは伸び悩むし、スキーなどのレジャーにはマイナス要因となります。

株式相場は常に材料を探しているのです。

例えば、景気回復の兆しがあれば、電機株や鉄鋼株、証券株が買われます。

特に電機株や鉄鋼株は本格的な業績の回復はしていなくても、期待感だけで株価が2倍になることもあります。

景気が回復したときに必ず上がる株は、消費関連株です。

輸送株も景気に敏感に反応します。

景況感が改善すると物流の動きが加速するからです。

運輸株はもちろん、自動車株や海運株、流通サービスセクターにも買いが入るようになります。

船賃の指標であるBDI指数(バルチック海運指数)の上昇も目立つようになります。

チャートに先高感が出てくると、信用買いが増加します。

スクリーンショット 2016-05-01 0.06.11

さらに後追いで空売りが増加します。

すると信用取引の厚みがでてきて、流動性が上がり、株式市場が活性化します。

上がりすぎれば空売りの踏み上げによって、買い戻しが勢いづいて、天井をつけます。

チャートはローソク足と移動平均線などのテクニカル指標で成り立っていますが、日足を見てみると25日移動平均線に沿うような動きがほとんどです。

ボックス圏でもみ合い相場であれば逆張り系の指標が売買シグナルとなります。

株価の最大の買い材料は業績の上方修正です。

ポイントは、投資情報をいかに早く入手するかです。

企業の発表や日本経済新聞で報道されてから買っていると、高値掴みになってしまう可能性があります。

 

関連記事

no image

日経平均株価がデッドクロスしている

日経平均株価がデッドクロスしているときは、新興市場の銘柄は売りシグナルの点灯となります。 どん

記事を読む

no image

チャートで三角持ち合いの銘柄は上放れが期待できる

株価推移の細かい波動まで感覚的に理解するためには、グラフを作成するとよいです。 インターネット

記事を読む

no image

浮動株の少ない銘柄は株価予想しやすい

出来高の急増には、業績の変化や業界の売買材料、仕手筋の動きなどが関係していますが、人気化した株はすぐ

記事を読む

no image

東証1部の小型株でデイトレードする

株式投資で特に人気があるのは、デイトレードや1週間程度のスイングトレードといった短期の売買です。

記事を読む

no image

バイオ株の出遅れとランキングに注目

値動きが良く、ボラティリティーの大きい銘柄といえば東証マザーズやジャスダックに新規上場する株です。

記事を読む

no image

PERやPBRが低く割安な株

小型株は10万円ほどで買えるので、市場に莫大な資金が入らなくても上がることがよくあります。 日

記事を読む

no image

投資顧問会社の情報で億万長者になれるか

掲示板でさらに上値があるとの書き込みがあるうちは、仕手筋の持ち株の売りぬけは完了していないことがほと

記事を読む

no image

債務超過で上場廃止になりそうな株

株投資では、自らの情報収集が必要になります。 証券会社や投資顧問会社などの機関投資家や外国人投

記事を読む

no image

仕手株の銘柄と情報は掲示板に書き込まれます

東証一部だけでも仕手株はいくらでもあります。 極洋、住石ホールディングス、ナカノフドー建設、日

記事を読む

no image

トヨタ自動車やキャノンは資産株の銘柄です

単純に上がっている株を買うといったポリシーなき投資スタンスでは成功しません。 株価チャートでは

記事を読む

タイの銀行金利は4.75%で日本の約9倍もある

株式を売却した場合、売却代金は全て証券会社に開設した自分の口座に入金さ

タイの証券会社に口座を作る方法と海外送金

タイの企業には日本と同じように、株主割当増資やワラント債の無償提供など

タイに投資するメリットは税金がかからないこと

どこの株式市場でも取引のスピードアップと効率化を図るため、呼び値単位と

スクリーンショット 2016-08-29 6.45.56
タイ株の配当利回りは10%以上

バンコクでは、新たに地下鉄と通勤電車網を7路線277キロメートル敷設す

スクリーンショット 2016-08-28 4.12.47
メコン川はタイとラオスの間に流れています

メコン流域開発計画では、中国、インド、それに他のインドシナ諸国との貿易

スクリーンショット 2016-08-26 4.29.02
タイでクーデターが多い理由

タイという国が日本から地理的、心理的に近く、成長力が大きいことに異論が

スクリーンショット 2016-08-22 1.15.06
国際分散投資なら東南アジアの国がおすすめ

一体どの国に投資したらいいのか。 私が重要だと考えるのは、次のよ

no image
スベルバンクの不良債権比率は1%以下

ロシア国内が好景気ということもあり、人件費の増加やパイプライン建設など

no image
ロシアの天然ガスの埋蔵量は世界の38%

定量分析が可能になるころには、すでに多くの投資家が参入しているはずです

no image
アジア通貨危機とドル円相場の動き

1997年のアジア通貨危機から連鎖して起こった1998年のロシア財政危

no image
タックスヘイブンのキプロスに法人を設立する

2007年秋以降、アメリカのサブプライム問題を震源とした、世界的な株安

no image
ガスプロムが倒産や経営破綻することは絶対にない

長期にわたって成長が見込まれる国では、個別企業のファンダメンタルズやテ

no image
株式配当にはみなし配当課税が適用されます

ロシア市場の代表的指数としてよく用いられているのが、RTS指数です。

no image
ロシア株のRTS指数は上昇率が安定している

中長期の保有は、中期なら1〜3年、長期なら4年〜10年以上の保有のこと

no image
ベトナムの原油生産量は減少しています

ベトナムは原油の産出国で、ほとんどの油田は海洋油田です。 海洋油

→もっと見る

PAGE TOP ↑