*

下方修正の発表を金曜日の取引終了後に行う傾向がある

10月に株価が安くなるのはなぜでしょうか?

その要因として着目されているのは、この時期に発表される四半期決算内容はあまり良くない傾向があることです。

悪いニュースにマーケットが機敏に反応し、売りが売りを呼ぶ展開となり、陰の極になりやすいです。

そしてこれを見たFRBが1年で最も大事なクリスマスセールを無事に乗り切るために、11月には積極的な金融政策をうち、企業業績も回復して株価も上昇するという図式です。

1949年から76年の調査では、1月から12月までの各月末にNYダウ平均の採用銘柄を買って、6ヶ月後に売るというデータでは、10月末に買って4月末に売るのがプラス7%と最も高いパフォーマンスになっています。

これは平均リターンの3.7%のおよそ2倍になっています。

スクリーンショット 2016-06-30 3.04.30

最も悪かったのが4月末に買って10月末に売るパターンで、リターンは1.1%です。

その後追跡調査がなされ、1976年から2000年の期間においては、10月に買うのが9.1%、4月に買うのが1.1%とほぼ同様の結果が出ています。

ちなみに、2012年までの過去数年間の日本市場は、いつも5月のゴールデンウィーク明けにクラッシュして、11月頃に底入れするというパターンが続いています。

5月は決算発表で失望売りや材料出尽くしとなって、ヘッジファンドの決算対策で売りが出やすくなる時期です。

2013年のアベノミクス相場も偶然に5月下旬に急落しています。

カレンダー効果も、米国市場でのアノマリーです。

スクリーンショット 2016-06-30 3.05.01

米国の株式市場の統計を過去にさかのぼって調べると、月別では1月が最もパフォーマンスが良く、月内の株価の動きでは前半にプラスになり、後半のリターンはマイナスになる傾向があります。

曜日では金曜日が上がりやすく、月曜日が下がりやすいです。

また、1日の動きを見ると取引開始から45分間で株価は際立った上昇を示すという結果が出ています。

それぞれの効果がどうして起こるのかは謎ですが、以下のような要因が影響している可能性があります。

一定のパターンをもって株式市場へ流入する資金の流れに影響を受けている。

機関投資家が決算の締めや節目において売買を頻繁に行う。

企業側が下方修正などの悪いニュースの発表を金曜日の取引終了後に行う傾向がある。

干支別効果とは、十二支におけるパフォーマンスを計測したものです。

1950年から2012年までの日経平均株価の動きを見ると、辰年が最も好成績でプラス28%であり、次に子年の23%、卯年16%と続きます。

一方、最もパフォーマンスが悪いのが午年でマイナス7%、丑年の0.1%、寅年プラス1.8%となっています。

スクリーンショット 2016-06-30 3.05.42

これを見る限り、最近であれば2009年に買って2013年に売るということになります。

次のタイミングならば2015年に買い、2020年に売るということになります。

投資信託は個人投資家から正しく理解されておらず、正しく活用されてもいません。

バイオ株の時代だ!とばかり何らかのトピックをテーマにしたファンドが設定されると安易に購入し。ブームの終焉とともに基準価格の急落に見舞われ、大きな損失を抱えるというのが典型的な受益者です。

何に気をつけて、どう生かせばよいのでしょうか?

投資信託は略して投信と呼ばれ、ファンドを保有する人は受益者と呼ばれます。

いつでも購入・解約ができるオープンエンド型と、決められた期間まで解約ができないクローズドエンド型の2種類があります。

現在運用されているほとんどの種類はオープンエンド型です。

 

関連記事

no image

ROEの目安は10%以上なら優秀と判断できます

ROEとは、Return on Equity の頭文字をとったもので、当期純利益が純資産(株主資本)

記事を読む

no image

大化け株の有力候補はiPS細胞に関連した株

毎年平均すると50社から100社が新規上場していますが、その中に必ずといっていいほど既存の上場企業で

記事を読む

no image

米国債に投資しても購買力はちっとも増えない

投資銀行は、ストックオプションで賞与を支払うことで、競合他社にヘッドハントされてしまうのを防ごうとし

記事を読む

no image

テンバガーの候補になりうる銘柄

企業業績の修正も出ていないし、相場全体が下がっているわけでもないのに、保有株が下がる。 そのう

記事を読む

no image

リーマンショックとサブプライムローン問題の関係

株式運用の世界において、機関投資家と個人投資家はどちらに優位性があるのでしょうか。 答えは個人

記事を読む

no image

危険企業は有利子負債額と決算短信でわかる

上場企業には4桁のコード番号が割り当てられており、1000番台から9000番台まであります。

記事を読む

no image

値幅制限まで下落しストップ安になってしまうパターン

保有株を売却するべきケースの2番目は、数年から数十年という時間の間に企業の財務体質や経営体制が激変し

記事を読む

no image

信用取引の追証はレバレッジをかけなければ発生しない

日本の株式市場の頂点は、トヨタ自動車で間違いありません。 どんなに厳しい市場環境でもトヨタは時

記事を読む

no image

TOPIX Core30とIPO株の違い

ポートフォリオを運用するときに重要なポイントは、リスク管理と分散投資、時間の分散の3つです。

記事を読む

no image

HFTの高速取引は個人でも可能です

MT4のチャートで新値足やカギ足、ポイントアンドフィギュアを表示してEA(自動売買)を組む場合は、高

記事を読む

タイの銀行金利は4.75%で日本の約9倍もある

株式を売却した場合、売却代金は全て証券会社に開設した自分の口座に入金さ

タイの証券会社に口座を作る方法と海外送金

タイの企業には日本と同じように、株主割当増資やワラント債の無償提供など

タイに投資するメリットは税金がかからないこと

どこの株式市場でも取引のスピードアップと効率化を図るため、呼び値単位と

スクリーンショット 2016-08-29 6.45.56
タイ株の配当利回りは10%以上

バンコクでは、新たに地下鉄と通勤電車網を7路線277キロメートル敷設す

スクリーンショット 2016-08-28 4.12.47
メコン川はタイとラオスの間に流れています

メコン流域開発計画では、中国、インド、それに他のインドシナ諸国との貿易

スクリーンショット 2016-08-26 4.29.02
タイでクーデターが多い理由

タイという国が日本から地理的、心理的に近く、成長力が大きいことに異論が

スクリーンショット 2016-08-22 1.15.06
国際分散投資なら東南アジアの国がおすすめ

一体どの国に投資したらいいのか。 私が重要だと考えるのは、次のよ

no image
スベルバンクの不良債権比率は1%以下

ロシア国内が好景気ということもあり、人件費の増加やパイプライン建設など

no image
ロシアの天然ガスの埋蔵量は世界の38%

定量分析が可能になるころには、すでに多くの投資家が参入しているはずです

no image
アジア通貨危機とドル円相場の動き

1997年のアジア通貨危機から連鎖して起こった1998年のロシア財政危

no image
タックスヘイブンのキプロスに法人を設立する

2007年秋以降、アメリカのサブプライム問題を震源とした、世界的な株安

no image
ガスプロムが倒産や経営破綻することは絶対にない

長期にわたって成長が見込まれる国では、個別企業のファンダメンタルズやテ

no image
株式配当にはみなし配当課税が適用されます

ロシア市場の代表的指数としてよく用いられているのが、RTS指数です。

no image
ロシア株のRTS指数は上昇率が安定している

中長期の保有は、中期なら1〜3年、長期なら4年〜10年以上の保有のこと

no image
ベトナムの原油生産量は減少しています

ベトナムは原油の産出国で、ほとんどの油田は海洋油田です。 海洋油

→もっと見る

PAGE TOP ↑