*

ウォーレン・バフェットの投資手法と株価

ウォーレン・バフェットは、フィリップ・フィッシャーと同列で師匠としていたベンジャミン・グレアムの本「証券分析」の出版を記念して、コロンビア大学で講演をしました。

投資家たちの間では、「株式市場は常に効率的で株価は全ての情報を織り込んでいて、割安な株などは存在しない。株価指数よりも高いリターンを上げた投資家は運が良かっただけ」という考え方が台頭していました。

この考えに対してバフェットは、実際にベンジャミン・グレアムが50年前に証券分析で解説した考察のように、割安株を調査して株式投資を行っている投資家の成績について、数字を列挙して反論しています。

その調査対象の中には、グレアムに直接手法を教わったウォルター・シュロス、トム・ナップ、そして自分自身も含まれていました。

ytdhsrytjuydttrxessxrt

そして検証したデータによると、これらの投資家全てがNYダウや日経平均株価が下がっているときに割安株に買いを入れるという方法で、市場平均を上回るリターンを上げていたということです。

ウォーレン・バフェットの過去の投資対象はどこの企業でしょうか。

ディズニー、ワシントン・ポスト、コカコーラ、ウェルズ・ファーゴ、リーマンショック直後の暴落相場でのゼネラル・エレクトリック、ゴールドマン・サックスへの投資が知られています。

多くのケースで、暴落した後の閑散相場で大胆な投資を行ってきているわけです。

たとえば1973年に実施したワシントン・ポストの買い。

この年の年初から1974年10月にかけて、S&P500指数やNYダウは48%も暴落しています。

この下落の原因は、地政学的リスクによる投資家心理の悪化と、オイルショックの影響です。

yhdtsgzrertghcfgdxr

市場参加者が悲観に転じて、株式市場が暗雲に覆われる中で、バフェットは10億円を投じて、ワシントン・ポストの株価を買い進めました。

けれども株価はその後1年半も継続した下落相場の影響によって、さらに25%も下がったのです。

最安値水準で買えたわけではなかったのですが、弱気が支配していた相場で自身のポリシーを貫いたのです。

当時のバフェットは、ワシントン・ポスト株が持つ本来の価値(intrinsic value)は、現在の株価の4倍であると計算していました。

価格はいずれ4倍になるだろうと信じて、25%もの含み損に耐えながら保有し続けたのです。

そして37年後の2010年には1000億円以上の価値を持つようになりました。

変える必要のない製品やサービスを提供できる企業は、気まぐれに移り変わる時代の嗜好に関係なく収益を上げ続けることができます。

コカ・コーラは100年以上にわたり、まったく同じカラメル色の不思議な砂糖水を販売しています。

これから先、人々は砂糖水を飲まなくなるだろうか、自動車保険をかけなくなるだろうか。

そう考えた時、どれもその可能性は低いと考えたわけです。

htrsregzzrhttxgb

バフェットがハイテク株をほとんど売買しなかったのは、ハイテク産業の将来像を彼がうまく思い描けなかったからだと言われています。

ビジネスの世界では、未来は激変する環境ゆえに過度に期待されるし、完全な弱気に傾くこともあります。

彼が一番得意だったのは、保険株の売買でした。

保険会社の収益構造をよく知っていて、分析も優れていたので、株式投資で莫大な収益をあげました。

それを基盤として、アメリカ経済が拡大するのと同時に上がる銘柄を買い上げていって、それがほとんど全て当たったのです。

S&P500指数に対して彼が保有していたポートフォリオのリターンは大きく上回っていて、投資手法が広まるまでそんなに長い時間はかかりませんでした。

 

関連記事

no image

株で億万長者になるのはほぼ不可能という事実

投資の世界では海外に有名な人がたくさんいますが、日本にも経験則を示している投資家がいます。 そ

記事を読む

no image

有名な株の本「ゾーン」に記載されている成功する投資の条件

ある銘柄の業績と、業種をよく理解しておけば、関連ニュースが出た時に株価への影響度を判断できるようにな

記事を読む

no image

余力は日経株価やダウ平均などの指数に振り分ける

証券、株式に詳しいプロの投資家が集まってファンドを組成するような場合には、分野を絞って、例えば日本株

記事を読む

no image

証券会社や投資銀行のレーティングに惑わされない

スカトルバットを利用しろというのは、要するにウォールストリートに流れる情報に頼るのではなく、正確な情

記事を読む

no image

バークシャー・ハサウェイの株は買いか

彼の投資家としての出発点は、11歳のときまでさかのぼります。 バフェットはこの時シティーズ・サ

記事を読む

no image

バブルの日経平均株価のPERは65

テンバガー、つまり株価が10倍以上にもなる銘柄を探しだしてそれが安くなったところで購入することは難し

記事を読む

no image

資産を株で持つとインフレ対策になる

アメリカではお金持ちは成功者と考えられていますが、日本ではそうではないようです。 お金のことば

記事を読む

no image

優良株と割安株を集中的に買うことに成功

有名な投資家であるジョン・テンプルトンは、人間の感情が投資実績を大きく左右すると主張し、もっとも危険

記事を読む

no image

毎日取引されている売買高は発行済株式数の0.4%程度

1980年台後半から1991年2月までの日本といえば、資産運用の世界で働くものにとって非常に重要です

記事を読む

no image

株の投資で失敗した – 確実に資産が減る –

バフェットの投資における失敗をもう一つ紹介しましょう。 1980年に彼はカイザーやアルコア社な

記事を読む

タイの銀行金利は4.75%で日本の約9倍もある

株式を売却した場合、売却代金は全て証券会社に開設した自分の口座に入金さ

タイの証券会社に口座を作る方法と海外送金

タイの企業には日本と同じように、株主割当増資やワラント債の無償提供など

タイに投資するメリットは税金がかからないこと

どこの株式市場でも取引のスピードアップと効率化を図るため、呼び値単位と

スクリーンショット 2016-08-29 6.45.56
タイ株の配当利回りは10%以上

バンコクでは、新たに地下鉄と通勤電車網を7路線277キロメートル敷設す

スクリーンショット 2016-08-28 4.12.47
メコン川はタイとラオスの間に流れています

メコン流域開発計画では、中国、インド、それに他のインドシナ諸国との貿易

スクリーンショット 2016-08-26 4.29.02
タイでクーデターが多い理由

タイという国が日本から地理的、心理的に近く、成長力が大きいことに異論が

スクリーンショット 2016-08-22 1.15.06
国際分散投資なら東南アジアの国がおすすめ

一体どの国に投資したらいいのか。 私が重要だと考えるのは、次のよ

no image
スベルバンクの不良債権比率は1%以下

ロシア国内が好景気ということもあり、人件費の増加やパイプライン建設など

no image
ロシアの天然ガスの埋蔵量は世界の38%

定量分析が可能になるころには、すでに多くの投資家が参入しているはずです

no image
アジア通貨危機とドル円相場の動き

1997年のアジア通貨危機から連鎖して起こった1998年のロシア財政危

no image
タックスヘイブンのキプロスに法人を設立する

2007年秋以降、アメリカのサブプライム問題を震源とした、世界的な株安

no image
ガスプロムが倒産や経営破綻することは絶対にない

長期にわたって成長が見込まれる国では、個別企業のファンダメンタルズやテ

no image
株式配当にはみなし配当課税が適用されます

ロシア市場の代表的指数としてよく用いられているのが、RTS指数です。

no image
ロシア株のRTS指数は上昇率が安定している

中長期の保有は、中期なら1〜3年、長期なら4年〜10年以上の保有のこと

no image
ベトナムの原油生産量は減少しています

ベトナムは原油の産出国で、ほとんどの油田は海洋油田です。 海洋油

→もっと見る

PAGE TOP ↑