*

「 月別アーカイブ:2015年09月 」 一覧

有名な株の本「ゾーン」に記載されている成功する投資の条件

ある銘柄の業績と、業種をよく理解しておけば、関連ニュースが出た時に株価への影響度を判断できるようになります。 また、ある銘柄の株価が上昇する可能性を把握しておけば、市場全体が下落しているときにも

続きを見る

余力は日経株価やダウ平均などの指数に振り分ける

証券、株式に詳しいプロの投資家が集まってファンドを組成するような場合には、分野を絞って、例えば日本株の小型株を手分けして調査していきます。 ところが自力でマーケットを分析する個人投資家は、人的な

続きを見る

資産を株で持つとインフレ対策になる

アメリカではお金持ちは成功者と考えられていますが、日本ではそうではないようです。 お金のことばかり考えている人よりも、生活は貧しくても清廉潔白な人がよしとされるのです。 統計指標を見ると日

続きを見る

株で億万長者になるのはほぼ不可能という事実

投資の世界では海外に有名な人がたくさんいますが、日本にも経験則を示している投資家がいます。 そのうちの一人、是川銀蔵をご紹介しましょう。 是川は住友金属鉱山の株式を買い占めて1983年に高

続きを見る

証券会社や投資銀行のレーティングに惑わされない

スカトルバットを利用しろというのは、要するにウォールストリートに流れる情報に頼るのではなく、正確な情報を使えということです。 これを守っていれば、2000年前後のITバブルで企業価値に対して異常

続きを見る

株の投資で失敗した – 確実に資産が減る –

バフェットの投資における失敗をもう一つ紹介しましょう。 1980年に彼はカイザーやアルコア社などのアルミ製錬会社を買い進んでいました。 しかしこの投資行動は、珍しく判断そのものが間違ってい

続きを見る

バークシャー・ハサウェイの株は買いか

彼の投資家としての出発点は、11歳のときまでさかのぼります。 バフェットはこの時シティーズ・サービスという石油会社の株を1株38ドルで、姉と一緒に3株ずつ購入しました。 シティーズ・サービ

続きを見る

ウォーレン・バフェットの投資手法と株価

ウォーレン・バフェットは、フィリップ・フィッシャーと同列で師匠としていたベンジャミン・グレアムの本「証券分析」の出版を記念して、コロンビア大学で講演をしました。 投資家たちの間では、「株式市場は

続きを見る

タイの銀行金利は4.75%で日本の約9倍もある

株式を売却した場合、売却代金は全て証券会社に開設した自分の口座に入金さ

タイの証券会社に口座を作る方法と海外送金

タイの企業には日本と同じように、株主割当増資やワラント債の無償提供など

タイに投資するメリットは税金がかからないこと

どこの株式市場でも取引のスピードアップと効率化を図るため、呼び値単位と

スクリーンショット 2016-08-29 6.45.56
タイ株の配当利回りは10%以上

バンコクでは、新たに地下鉄と通勤電車網を7路線277キロメートル敷設す

スクリーンショット 2016-08-28 4.12.47
メコン川はタイとラオスの間に流れています

メコン流域開発計画では、中国、インド、それに他のインドシナ諸国との貿易

スクリーンショット 2016-08-26 4.29.02
タイでクーデターが多い理由

タイという国が日本から地理的、心理的に近く、成長力が大きいことに異論が

スクリーンショット 2016-08-22 1.15.06
国際分散投資なら東南アジアの国がおすすめ

一体どの国に投資したらいいのか。 私が重要だと考えるのは、次のよ

no image
スベルバンクの不良債権比率は1%以下

ロシア国内が好景気ということもあり、人件費の増加やパイプライン建設など

no image
ロシアの天然ガスの埋蔵量は世界の38%

定量分析が可能になるころには、すでに多くの投資家が参入しているはずです

no image
アジア通貨危機とドル円相場の動き

1997年のアジア通貨危機から連鎖して起こった1998年のロシア財政危

no image
タックスヘイブンのキプロスに法人を設立する

2007年秋以降、アメリカのサブプライム問題を震源とした、世界的な株安

no image
ガスプロムが倒産や経営破綻することは絶対にない

長期にわたって成長が見込まれる国では、個別企業のファンダメンタルズやテ

no image
株式配当にはみなし配当課税が適用されます

ロシア市場の代表的指数としてよく用いられているのが、RTS指数です。

no image
ロシア株のRTS指数は上昇率が安定している

中長期の保有は、中期なら1〜3年、長期なら4年〜10年以上の保有のこと

no image
ベトナムの原油生産量は減少しています

ベトナムは原油の産出国で、ほとんどの油田は海洋油田です。 海洋油

→もっと見る

PAGE TOP ↑